休診のお知らせ

通院中の患者の皆様 いつもありがとうございます。
さて令和3年ももう少しで過ぎ去ろうとしております。昨年の令和2年は新型コロナ感染症の感染拡大により当院も手術など診療制限を行い 患者の皆様には大変ご迷惑をおかけいたしました。
感染対策を徹底してきたつもりでしたが今年1月にはパート職員が1名コロナに感染し 職員全員の検査を行い幸いクラスターは発生しませんでした。
感染した職員は入院ののち体調が回復して現在職場復帰してくれています。ご心配をおかけいたしました。
現在当クリニックではコロナ感染に注意をしながら通常診療を行っております。以前は制限していた視野検査などもおこなっておりますし 加齢黄斑変性症や糖尿病黄斑症などに対する硝子体注射も通常通り行っています。
その他 涙点プラグ挿入術 涙管シリコンチューブ挿入術 ケナコルトテノン注射 白内障手術 眼瞼内反症手術(通糸法) 翼状片切除術 眼内レンズ強膜内固定術なども新しいスタッフとシミュレーションしながら行っております。
現在のところ手術の予約状況は3か月くらいの待ちとなっております。(お急ぎの患者さんには個別で対応させていただいております。)今後もコロナ感染の状況を確認しながら診療を継続していきたいと思います。

12月は28日が最後の診療日となります。令和4年は1月5日から診療を開始します。皆様よいお年をお迎えくださいませ。

栗山さいとう眼科 齋藤秀文

前の記事

休診のお知らせ